スタイリスト紹介

自毛サポートの専門美容師

桑野 順子
スタイリスト(歴13年)

私たちスタイリストは、初めて来店された方のカウンセリングから装着、アフターケアまでを1人で担当しています。
初めてウィッグを使うお客さまはどのような髪型や仕様にしたらよいのかとても迷われます。お客様自身で決められない時は選びやすいようにいくつかの選択肢をご提案したり、どんなことで困っていらっしゃるのかをお聞きし、これからの生活習慣に合わせたヘアメイクをお手伝いできるように心がけています。

お客さまとお話しをしていると、新しい発見や気づかされることがたくさんあるので、いつも勉強をさせていただいています。どうしたら一番良いか迷うこともありますが、「よかったよ」とか「ありがとう」などと言っていただくとやはりうれしいですよね。

抗がん剤の作用やご病気で髪を失われた方がウィッグをつけたことで表情が明るくなり、次にご来店された時には生き生きとしていらっしゃるのを見ると、私までの嬉しくなれる瞬間です。お客さまがウィッグをつけたことで、自信につながり前向きになったり、ウィッグでおしゃれを楽しんでいただけるようになることが私のやりがいです。

小林 理沙
スタイリスト(歴7年)

ウィッグをつける方は抗がん剤の影響の方もおられればホルモン系の病気で髪が抜けてしまう方もいらっしゃいます。女性にとって髪が抜けることはやはり精神的にも大きな負担となります。

また、小さなお子さまですとウィッグをつけることを嫌がりご両親が悩まれるようなケースもあります。そんな時は、無理におすすめせず、ご本人様やご両親のご希望をじっくり聞いて、お客さまにとって一番よい方法を探していきます。ですので、ご相談だけされてお帰りになることもあります。エルベアピアランスサービスではこのご相談を特に大切にしています。本当に納得したうえでウィッグをつけて頂きたいと考えています。

私は女性ならではの思いや悩みを共有ながら、共に乗り越えていけるパートナーになりたいと思います。髪だけでなくお仕事、家事、育児のことも語らえる関係になりたいと思っています。

ページ上部へ戻る